新しいノートマック

Macworld2008でついに発表されました。薄型Mac Book Air。
以前からいろいろと噂になっていましたが、ようやくですね。
ジョブズの基調講演では、茶封筒からこのMac Bookを取り出したそうです。こういう驚かせ方は、いかにもAppleらしく、ジョブズらしいです。
さてさて中身の方ですが、薄く軽い、という外見上のプラスポイントはもちろんあります。が、USB端子が一つしかない、メモリの増設もできない、値段が高い(これは人によるんでしょうが)などなど、マイナスポイントもいくつか話題になっていました。
たしかにUSB端子が一つってのはちょっと使いづらい場面も出てくるでしょうし、Fire Wireはついてませんし、光学ドライブは外付けですし...。ある程度は割り切らないといけませんね。
昔Appleが出していたPower Book Duoを思い出しました。Duoは当時「馬鹿でかいノート」で有名なAppleが唯一Winユーザーから揶揄されなかったサイズのノートブックでした。それはDuoドッグという概念があったからです。ドッグには接続端子(当時はUSBやFire WireではなくScsiiやADBといったものでした)やモニタ出力、光学ドライブなどを備えていました。つまり家に帰って来たらドッグにぶっさしてデスクトップパソコンとして使用し、外に持ち出す時はさまざまな端子やドライブを置き去りにして中身だけ持ち出す、という考え方です。
ただ単に通勤時間に仕事をしたい人ならそれでもいいかもしれませんよね。家や会社にそういった環境を整えておいてやれば。
ま、この新しいMac Book Airをメインとして使う人はそうそういないでしょうし、私はこういった余計なものを一切省く考えは好きですけどね。後は値段です。...高いです。でも欲しいです。
日経トレンディネット Macworld速報
[PR]