神尾真由子さん

チャイコフスキー音楽コンクールのバイオリン部門で優勝されたそうです。
神尾真由子さんがバイオリンで優勝
すごいですねぇ。日本人の優勝は、あの諏訪内晶子さん以来二人目だとか。諏訪内さんファンとしては、それはそれで嬉しいですね。

86年6月生まれの21才。大阪出身だそうです。
4才でバイオリンを始め、わずか10歳の時にN響と共演。98年、メニューイン国際コンクールのジュニア部門で入賞。ジュリアード音楽院のプレカレッジへ留学。02年に帰国し桐朋の特待生となり原田幸一郎氏に師事。04年にはモンテカルロ・バイオリン・マスターズで優勝。06年はモントリオール国際音楽コンクールに出場。
そして今度のチャイコフスキー国際コンクールバイオリン部門で優勝。
かなり精力的にコンクール等には出場しているようです。まだCDデビューはされていないそうですが、ちょっと音を聴いてみたくなりますよね。
そんな彼女のコンサートが8月に予定されています。ミューザ川崎のシンフォニーホールでS席3000円と、クラシックにしてはお安い設定です。さらにはN響の四国・大阪のツアーに帯同するそうです。こちらはS席1万円とお高いんですが。
今ならまだ間に合いますかねぇ...。
アスペン・公式サイト
[PR]