ニュース二題

まずはこちら
広島女児殺害事件
判決は無期懲役ですが、父親がコメントしていたように「負けた」というイメージです。
被害者の木下あいりさんが小学校1年生という弱者であり、わいせつ被害を受けた上で殺されたんですから、極刑でもおかしくないでしょう。
裁判所が「矯正不可能な程度までの反社会性、犯罪性があるとは言えない」としていますが、どうなんでしょうかねぇ。ないとも言えないわけで、結局のところ「灰色は黒ではない」というところでしょうか。
「仮釈放は慎重に」と注文をつけましたが、それを判断するのはこの裁判官ではないわけですから、責任はとれないってことです。だったらいっそアメリカみたいに「懲役100年」とか「二度の終身刑」とか、仮釈の可能性をなくすよう考えてもよかったんじゃないでしょうか。
なんにしろこの判決には失望です。

被害者のご家族の勇気はホント凄いことだと思います。性犯罪の被害者は実名報道を嫌いますが、あえて名前を出してでもあいりさんの無念をはらそうと闘う姿勢には頭が下がります。それだけ彼女を亡くしたことへの無念さ、犯人への憤りが強かったんでしょう。
被害者とその家族の思いを考えれば、仮釈放の可能性が残る判決なんてできないはずです。やはり極刑しかないでしょう。


続いてこのニュースを。
北朝鮮ミサイル発射
なにを考えてるのか分かりませんが、合計7発が日本海に打ち込まれたようです。
日本というよりアメリカに向けての意思表示が強いように思いますが、身をさらす日本としてはアメリカがどうこうじゃありませんからね。
銃口を向けられたんですから、こちらも身構えておかなければなりません。
もう少し注視してみましょう。
[PR]