タグ:音楽用語 ( 2 ) タグの人気記事

音楽用語の基礎知識。
第二回は「白玉(しろたま)」です。団子じゃありません。あくまで音楽用語で。
よく耳にしますねぇ。...よく書きます。
これって楽譜を読める人ならわかると思いますが、全音符のことです。たまに二分音符などもこう呼びますが。
一般的な4/4拍子で話を進めます。普通の楽譜では一小節を四つに分けます。よくおたまじゃくしに例えられる♩が四分音符です。これが四つ揃うと一小節ですね。前回話したBPMはこの四分音符が基本になります。この四分音符二つ分の音が二分音符、白丸に尾っぽがつきます。さらにこれの二つ分、つまり四分音符四つ分で全音符となります。これは白丸で尾っぽがつきません。この形が、つまりは「白玉」なんですね。
四分音符四つ分伸ばすわけですから、動きがまったくありません。
よくピアノの演奏などで「左手でジャーンと鳴らし、右手でメロディを」なんて時の「ジャーン」がたいていは白玉です。
ということで、普段白弾を使うのはバックでコードを鳴らす時とか、コーラスをつける時とかです。メロディで白玉、ってのはまずありえません。
楽器をやる人・楽譜を読む人は、「白玉」といったら「全音符のこと」と覚えておけばいいでしょう。楽譜なんて分からない、という人は、「白玉」といったら「後ろの方で何となく伸ばしてる音」ぐらいに考えたらいいんじゃないでしょうか。
本来こういうのは音を聴かせて「こういうの」と示せれば分かりやすいんでしょうが、なにぶんどんな曲にも出てくるようなありふれたものですからねぇ。
[PR]

BPM

最近友人と呑んだ席で、「音楽研究室」の記事が分かりにくいと指摘を受けました。
あくまで音楽に特化してますんで、音楽好きじゃないと分からない用語みたいなのもありますし、どうせ来てくれるのは音楽好きに決まってるんだから、と特に気にもしてなかったんですが。
友人から言われると結構こたえます。そういえばオイラの友人に音楽好きってのは少なかったなぁ。
ということで、少し用語解説みたいなのもやってみたいと思います。

まずは最近よく書くようになった「BPM」について。
いわゆるテンポのことです。Beat Per Minuteの略で、要するに一分間に何拍打つかってことですね。
四分音符を一秒間で二拍打つ(二秒で四拍=一小節)なら♩=120となります。
ほとんどの曲が♩=50から♩=180程度の間に位置します。
一秒間に一拍(BPM=60)はゆったりとしたバラード曲、逆に一秒間に三拍(BPM=180)ならめちゃくちゃ突っ走るアップビート。
こういうのが分かってくると、だいたいどの程度のテンポなのかが客観的に分かります。
分かりやすくビートルズ楽曲をいくつか上げると、
「Help!」190
「I Feel Fine」180
「She Loves You」155
「Please Please Me」140
「Get Back」125
「Girl」95
「Hey Jude」75
「Norwegian Wood」60
初期の頃はアップテンポの曲が多く、後期になるほどゆったり目の曲が増えてることが分かります。
もちろん全てがそういうわけではありませんが、イメージが出てきます。
またこの曲達を基準にすれば、他の曲のテンポがどの程度なのか、ある程度は想像できます。そういうのも面白いですね。

で、たまに困る曲もあります。
私は何も一本道のロックやポップスばかり聴いてるわけではありませんからねぇ。
まずはプログレ関連です。組曲風になりますと、途中でテンポが変わることが多々あります。始めのうちは70程度のバラード曲が、途中で140と倍増するなんてしょっちゅうです。
またクラシック系も困りますねぇ。クラシック系は独特のテンポ表記がありまして。「アンダンテ」とか「アダージョ」とかですね。こいつらを訳すと、「歩くような速さ」とか「ゆるやかに」といった非常にあいまいなテンポ表記なんです。ロック・ポップス系のカチッとしたテンポ表記とは相いれませんね。
ダンス曲も結構困ります。楽譜でもあれば一小節がどこまでか分かり、テンポを割り出すのも楽なんですが、自分の耳だけを頼りにやってますからね。ドラムは200で叩かれてて、ベースは100で、ボーカルは50で、なんていうややこしい曲があるんです。大きなテンポで乗るか、小さく小刻みに乗るか、ってことなんですが。
感覚でこのぐらいだろう、と勝手に決めてますが、本当は違うものもあるんでしょうね。
難しいところです。

また気が向いたらこのテーマで書きます。
[PR]