したそうです。
タイトルだけでは何のことか分かりませんよね。
Macintoshで有名なAppleコンピュータが、ビートルズが作ったAppleレコードから訴えられていた事件です。もちろんビートルズのAppleの方が古くから存在し、ビートルズという世界的な名前を持っています。Appleコンピュータが出て来た時に、「こっちの方が先に名前を使っているんだ」ということでいろいろ揉めたようです。その結果、Appleレコードはそのまま。Appleコンピュータは音楽関係には手を出さない、ということで和解していました。
それがここにきてiPodだのiTunes Music Storeだので「音楽関係に手を染めた」ってことで訴えられていたわけです。
判決では「Appleコンピュータがやっていることはレコード会社ではなくレコード屋だ」という感じで、パッケージの小売りに関しては問題ない、ということです。この件に関してAppleコンピュータからAppleレコードに和解金が支払われることもないようです。
まだ控訴審が残っていますので、これで決定ということではないのですが、Appleコンピュータとしては一安心でしょう。
ついでにビートルズ音源などがiTunes Music Storeで販売されるようになってくれれば、私ら音楽ファンは万万歳なんですが。...少なくともスティーブ・ジョブズは狙ってると思いますね。

参照記事
アップル、対ビートルズ訴訟で勝利
[PR]
を、Livedoor blogで運営しています。
こちら、読者さんがどこからやって来たのかが、分かる機能がついています。
このexciteさんの方は、まだ詳しく見てないので、そんな機能が付いてるのかどうか分かりませんけど。
この機能を見ていると、読者さんがどんな記事を読みたくて来たのかが分かり、それなりに面白いです。
古内東子の「淡い花色」は、エッチな曲なんですかねぇ。そんなキーワードで検索された方がいましたけど、全然気づきませんでした。
よく引っ掛かるのは「東京事変/落日」です。シングル「修羅場」のカップリング曲ですが、このキーワードで検索される方がけっこういるようです。
昨日は面白いものが見つかりました。
「Casino Drive / Flapper Valentine」の記事なんですが、これをgoogleで英訳した人がいたんです。もう目からウロコです。私もよく人のHPを日本語訳してみることがありますが、自分の書いた記事が英訳されてると...。
面白そうなんで、これからいろんな記事を「英訳」してみたいと思います。ついでに知り合いのHPなども「英訳」してみます。さてどんな結果になりますやら...。ま、英語は得意じゃないんで、どうせろくに読めませんけどね。
[PR]
手持ちのCDをデータベース作って管理してるんですが、そのデータベースがぶっ飛びました(T T)
楽曲ごとのファイル、CDごとのファイル、歌詞カードのためのファイルと三つ作ってるんですが、幸い飛んだのはCDファイルのみで済みました。大基となる楽曲ファイルや一番打ち込みの面倒な歌詞ファイルが無事だったのは不幸中の幸いでした。
とはいってもバックアップをとったのが一月終わりだったため、以降コツコツ打ち込んでいた三十数枚分のCDデータが全てパー。泣きますねぇ。
パソコンの作業ですから、ファイルの破損ってのは常につきまとう危険ではありますが。
ここんと頃安定していたんで気を抜いてました。やはり作業が終わるごとにバックアップをとらないと、と基本的なことを再認識しました。
[PR]
面倒ですねぇ。ここんところ続けざまにきて困ってます。まぁ全部まとめて「削除」ですが。
どだいこんなものを見て興味を持つ人なんているんですかねぇ。本文を含め、わけの分からないことしか書いてませんし。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

件名:★☆  超最先端!初もの情報!  ★☆
送信日時:2006年04月10日 20:59:41

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   
  ■□■□                        □■□■
         現代病!不治の病!人類の危機!! 
  ■□■□                       □■□■   
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

突然ですが、今自信をもってお伝えしたいものがあります。
いえ、お伝えしなければならないのです。

薬事法の関係上、ここでは詳しくお伝えできないのですが
現代医学では治すことのできない不治の病が改善している例が続出しているのです。
国家も国家予算の27億円を投入し、研究に着手しました。

想像以上の効果の為、大きく告知できないのが現状。
対面で、そっと、その効果を表現する。 これでは、悲しいですよね。

世の中には、薬をもすがる気持ちで病と闘っている患者が数え切れないくらい存在します。
今、本当のことを、真実を表現しなくてはならないのです。
そして、一人でも多くの方に存在を誇示しなければならないのです。

日本ではまだほとんど知られていません。
今春からは、バージョンアップされ更に効果が期待できます。
http://www.○○○.ne.jp/~amagi/○○○/001.html

★他では絶対まねのできないオンリーワン商品!
★奇跡的な体験談が続出!
★ここまできたらもう奇跡なんかじゃない!
★医学の限界の救世主
★第四の医療革命か
★感動の輪が広がっています

先見性のあるかたが自らの健康を守り、そして成功します。

本気で成功したい方、本気で自分の健康、家族の健康を守りたいかた、
本気で社会貢献したいかた、資料請求してください。

ビジネスとしても成功できるように凄いシステムを導入しました。
商品も、システムもこれで文句なし!
http://www.○○○.ne.jp/~amagi/○○○/001.html

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★


■ おことわり
 本メールマガジン掲載に関する情報に関しては一切責任を負いません。
 いかなる損害に関しても一切責任を負いかねますのでご了承下さい。
 掲載内容に関するお問い合わせにはお答えできません。
 なお、このメールに心当たりのない方は第三者によるいたずら登録が考えられます。
お手数ですが削除の程、宜しくお願い致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

それでいったい、オタクは何ものですか? 名前も明かさぬ人からのメールです。その時点で既に「迷惑メール」行きでしょう。
薬事法の関係で、と書かれているから医薬品関係のことなんでしょうが、「不治の病が改善」って...何の病のことでしょうか? ワタクシこれでも学生のころから国語だけは点数高かったので、読解力はあるつもりですが、要点がさっぱりわかりません。

★他では絶対まねのできないオンリーワン商品!
そりゃそうでしょう。どんな商品かも書いてませんから。薬ですか、それとも治療法ですか。

ビジネスとしても成功できるように凄いシステムを導入しました。
商品も、システムもこれで文句なし!

最後はビジネスの売り込みですか!? これを読んだ人にどうして欲しいんでしょうかねぇ。

■ おことわり
 本メールマガジン掲載に関する情報に関しては一切責任を負いません。
 掲載内容に関するお問い合わせにはお答えできません。
 なお、このメールに心当たりのない方は第三者によるいたずら登録が考えられます。
お手数ですが削除の程、宜しくお願い致します。

その上責任放棄ですか...。「問い合わせには答えません」と丁寧に書かれていますが、問い合わせ先がそもそも載ってませんから。しかも第三者によるいたずら登録を認めながら、解除の手続きを書かないってのはどうなんですか?

リンクは伏せ字にしておきました。これを見て行ってみようという物好きもいないとは思いますが、一応念のため。
[PR]
さんが結婚していたそうです(@_@)
今日の各種報道でびっくりしました。
クラシック界きってのバイオリニストで、演奏はピカイチでしかも美人。私にとってはお気に入りの一人でしただけに残念です...って何が(?.?)
それよりもご病気だそうで...。これで当分新作がなくなるのも残念です。じっくり治して、またの活躍を楽しみにしたいと思います。
[PR]
の続きです。
やっぱり私の趣味からしてマイケル・シェンカーははずせません。
でもUFOにしろMSGにしろ、どれも名リフばかりで選べません。
なので三曲ばかりあげてみます。

UFO「Natural Thing」
UFO「Rock Bottom」
MSG「Armed And Ready」
代表曲になっちゃいましたね。しかもライブのオープニングが二曲ですか。好みが出ますねぇ。「Into The Arena」とかも好きですが、ギターインストですし、リフと言うよりメインメロディですし。

Toto「Hold The Line」
ルカサーもいいリフがいっぱいありますが、1stアルバムのこの曲が一番好みです。特にライブでのバージョンが好きです。

Van Halen「Panama」
ギターソロばかりに注目しちゃって、あまりリフのイメージがないんですが、このオープニングの陽気なリフは好きです。アメリカンハードロックは、やはり明るくないといけませんね。

おそらくまだまだ続けます。
[PR]
音楽の世界で、しかもロック音楽の世界で「リフ」といったら、どんな曲を思い浮かべるんでしょうかねぇ。
先日友人と呑みながら、そんな馬鹿話をしていました。
せっかくだから、勝手にリフ選手権!! ってことでそのナンバー1の曲を選んでみたいと思います。

Deep Purple「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
ロック好きのギタリストが、最初にコピーするのがこの曲でしょう。パープルは「Burn」にしろ「Black Night」にしろ「Speed King」にしろ、名リフばかりですが、リフと言ったらこれだ!! ってことで最初に選びました。

Led Zeppelin「Black Dog」
Zeppelinも名リフはいっぱいあります。っていうかジミー・ペイジこそ、リフによる曲作りを広めた最大の功労者だと思います。1stや2ndの頃もいい曲があるんですが、新たなる高みへと昇ったこの曲を、とりあえずはあげておきます。曲の一部としてのリフじゃなく、リフを放り投げるような感じで、リフ=曲です。

Europe「The Final Countdown」
ギターではなく、シンセですが、これほど有名なリフもないんじゃないでしょうか。これは単なるイントロじゃないのか、ってことで意見が分かれましたが、80年代ロックの思い入れもあって、強引にエントリーです。

Eagles「Life In The Fast Lane」
70年代ロックからはこの曲を。名曲、名ギターソロは多いんですが、イーグルス曲でリフと言えばこの曲でしょう。ギタリストが三人もいますから、どのように割り振るかも楽しめます。この曲、ライブではドン・フェルダーがメインのリフを弾いて、ジョー・ウォルシュがオブリでちょっかいを出して、グレン・フライがアクセントを打ってます。

The Beatles「Day Tripper」
60年代ロックからはこの曲を。音質はさすがに古いんですが、このリフのカッコ良さはいまだに新鮮です。ギターのリフでスタートし、ベースが一体となって、ドラムがかぶさって、そして曲へなだれ込むところなんか、鳥肌もんですね。この短い曲で、しっかり詰め込んでるあたり、さすがビートルズってことでしょうか。
[PR]
昨日の坂崎さんの番組に、元ガロのボーカルこと大野真澄さんがゲストでいらしてました。
アルフィーはデビュー前から田辺エージェンシーにお世話になってましたから、ガロのメンバーとは馴染みといいますか。ライブなどもガロの前座をやってましたし、よくお酒も一緒に呑んでたようですし。
その大野さんと坂崎さんが口を滑らせてました。
「それって桜井と坂崎と三宅?」
「いや、僕が入る前にやってた三宅と高橋っていうF組の連中で」
おお〜!! コンフィデンスのオリジナルメンバーです。ようやく名前が分かりました。

コンフィデンスってのは、アルフィーの前身バンドでして、もともとは桜井さんがボーカルをやっていたコーラスグループです。
明治学院高校時代にF組の人と三人で組んでいたそうです。そこまではインタビューなどでオフィシャルになってますが、なかなかそのメンバーの名前は出てこなかったんです。そのメンバーの名前が「三宅と高橋」とハッキリしました。思わずラジオを振り返って声を上げたのは、私だけじゃないでしょう。
この桜井さんと「三宅と高橋」の三人組に坂崎さんが加入し、四人組としてコンテストで特別賞を受賞。高橋さんが抜け、代わりに高見沢さんが加入してビクターからデビュー、となります。その後1stアルバムである「青春の記憶」を最後に三宅さんが脱退。今の桜井、坂崎、高見沢というメンバーになったそうです。
ここら辺は謎に包まれてますからねぇ。アルフィーファンとしてはこれでようやく喉のつかえが下りたってところです。
そこら辺のことを、音楽研究室で書いてます。
アルフィー / 一年目の春
[PR]
今まで別荘記事をyaplogさんでつけていましたが、私のマックからのログインに不都合が起こり、いい加減嫌になったので乗り換えることにしました。
本館である「音楽研究室」の方は相変わらずですが、yaplogさんの別荘をケータイからのモブログ専用にして、このexciteさんの別荘をパソコンからの、ちょっと長めの投稿に割り振っていこうと思います。
リンクやら何やらもまだまだこれからですが、暇を見つけてちょこちょこ改造していきます。
[PR]