<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0083263_19482425.jpg

HMVサンシャイン通り店、演歌をはじめたそうです。
サブちゃんの人形が、ニッコリ案内してくれます。
んなこと気にしてんのはオイラだけでしょうが。
--
♪たろう♪
[PR]
b0083263_19201561.jpg

HMVの池袋サンシャイン通り店に久し振りに来たら、店頭ライブにぶつかりました。
DJと男声ふたりのユニットです。
オイラの好みからするとどうもなぁ。
なので隅の方で揺れずに聴いてます。
--
♪たろう♪
[PR]
b0083263_820237.jpg

寒いですねぇ。
朝の通勤が嫌になります。
--
♪たろう♪
[PR]
いや、驚きました。
つい今し方、某サイトでじゃこさんのコメントを見て、あわてて調べました。

--
少年の様な初々しさと清潔感溢れる作品で知られる、イリノイ州出身の
シンガー・ソングライターであるダン・フォーゲルバーグが
12月16日日曜日AM6:00、メイン州の自宅で前立腺癌のため逝去されました。
享年56歳。

ジェームス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウンなどと
並びシンガー・ソング・ライターの一時代を築き、イーグルスのメンバー
をはじめとするウエストコーストの著名なミュージシャン達と親交も深く、
2作目の『アメリカの想い出』ではジョー・ウォルシュがプロデュース、
イーグルスのメンバーも参加し大ヒット。全米No.1ヒットの「ロンガー」
を収録した'79年の『フェニックス』、「バンド・リーダーの贈り物」
「懐しき恋人の歌」などのヒット曲を含む'81年の名作『イノセント・エイジ』
等の名作を発表、飾り気が無く少年のような初々しさと清潔感溢れる作品
作りを極め、これまでに全米TOP30に入ったアルバムが9枚、
全米TOP10シングルを3枚持っています。

あたたかく優しいアコースティックの音色とほのぼのとした彼の声。
まさに心が和む音楽でした。2004年以来、ずっと癌と闘かってきたよう
ですが、残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

●USA TODAYのNEWSより
http://www.usatoday.com/life/music/news/2007-12-16-fogelberg-obit_N.htm?POE=click-refer

●現行のカタログはこちら
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/DanFogelberg/
http://www.sonymusicshop.jp/smdr/sms/shop/goods/artist_goods.aspx?artist=41646280

●OFFICIAL SITE
http://www.danfogelberg.com/
--
以上ソニーミュージックのニュースからの引用です。

ここ日本ではキャロル・キングやジェームス・テイラーに比べそれほど有名な人ではありませんが、音楽好きなら忘れてはいけない人ですよね。
「ロンガー」はCMなどにも使われていましたし。
ま、私もベスト盤しか持っていないんですが。

以上大慌てでの更新です。
[PR]
b0083263_8322974.jpg

天然のドライフラワー。
ようやく力尽きて落ちていました。
--
♪たろう♪
[PR]
b0083263_831049.jpg

もうすっかり葉が落ちてしまいましたねぇ。
--
♪たろう♪
[PR]
フィギュアのNHK杯をテレビで見ていました。今日は男子のショーとプログラムですが。
スティーブン・キャリエールという選手がいます。まったく知りませんでしたが。
この人のSPの曲が、Led Zeppelinの「天国への階段」でした。もちろんオリジナルではなく、スパニッシュギターでアレンジされたものでしたが、画期的でしたねぇ。ガットギターオンリーとはいえ、あのギターソロはほとんど完コピ状態で。テレビのフィギュアを前にしながらコブシを振り上げるという間抜けなヤツです。
静から動、そしてまた静かに終わるという構成美は、フィギュアスケートのプログラムでも奇麗にはまるんですね。
[PR]
Jリーグの最終節、横浜FCが浦和レッズを1-0で破り、鹿島アントラーズの優勝をアシストしました。
つくづく長かったですねぇ。連続勝ち星無し記録だの、連続無得点記録だの、最短でのJ2降格決定だの、いろんなワースト記録を塗り替えながら最下位を突っ走ってきましたからねぇ。
レッズファンにしてみれば「なんで今頃」なんでしょうが。
サッカーの話題ですと、今度はクラブW杯がありますね。ま、私にはそれほど興味がわかないんですが。
横浜FCに関してはもう一回ぐらい記事を書きたいですねぇ。できれば正月に。...無理な望みですかね。
[PR]