次世代ゲーム機勢揃い

05年に発売されたマイクロソフトの「Xbox360」に続き、11月11日にソニーの「Playstation 3」、そして明日12月2日には任天堂の「Wii」が国内発売されます。
ようやくこれで話題になっていた次世代ゲーム機が3機種、出そろうわけですが、どれが生き残るんでしょうかねぇ。

Xboxはイマイチ人気ありませんが、PS3とWiiはかなりのつばぜり合いのようです。某サイトでのアンケートでは、購入意向を持つ人の割合が、PS3とWiiは25%ほど。様子見を含めて約半数はこの二機種の購入に関心があるようです。それに引き換え、Xboxは70%以上の人が「買う気はない」と答えるなど、このままじゃ惨敗に終わりそうですね。
XboxはHD-DVD、PS3はブルーレイという新規格映像プレーヤーとしての機能を備えていますが、そちらの方はまだ作品が出回っていませんから、いずれそのうち、という程度なんでしょうか。かくいう私も、音楽メディアが出始めた時点で考えようかな、と思っていますが。
Wiiはゲームとしての面白さに魅力を感じます。まだCMや雑誌などのレビューでしかしりませんが、確かにあのリモコン型コントローラーは新しい感じがして面白そうです。ただあれは部屋を選びますね。私の部屋のように狭い上にそこら中にCDが山を作ってる状況では、コントローラーを振り回すなんてもっての外です。そう考えると、Wiiは大型テレビがあり、動き回るスペースのある居間で、PS3はゲームの中に没頭できる自室で、という風に共存できそうですね。
ま、なんだかんだ言って、面白いソフトが出なくちゃ何にもならないんですが。
[PR]