太田蘭三氏死去

推理作家の太田蘭三氏が亡くなったそうです。
ミステリーとしては、ちょっと御都合主義だったり、無茶な設定があったりで物足りないものもありましたが。
元ワンゲル部の私としては、山を舞台に小説を書く人って少ないですからね。そういう点で好きな作家でした。

合宿で朝日連峰へのぼる前には『朝日連峰の殺意』を読みましたし、石尾根を歩く時は「奥多摩殺人渓谷」を読みましたし。
この人を知ったのも、「餓鬼岳の殺意」というマニアックな山を舞台にしたものを、餓鬼岳山荘の人に教えてもらったからでした。

何はともあれ合掌。
[PR]